CSRへの取り組み

メッセージ

豊かな社会の実現に向けて

代表取締役社長 繁松 徹也

当社は「すべての人に最高の余暇を」という企業理念のもと、人々に感動や興奮をもたらすエンタテインメントの創造に挑戦しています。キャラクターやストーリーなどいわゆるIP(知的財産)を、あらゆるメディアを通じて世界中の国や地域にお届けすることで、人々に喜びや幸せをもたらしてまいりたいと考えています。過去・現在・未来を見据え、世の中に価値あるエンタテインメントを創造することが当社の使命であり、このための事業活動そのものが、当社グループのCSRであると認識しています。

当社グループはCSR活動の一環として、円谷プロダクションを中心にグループ内の賛同企業各社とともに「ウルトラマン基金」を設立し、様々な活動を行っています。被災地をはじめ日本全国を訪問し、子どもたちにヒーローを通じて笑顔や勇気をもたらすことが活動の趣旨であり、私たちの願いです。
活動7年目となる2017年は、ウルトラセブン放送開始50年という節目でもあります。これを機に、全国にあるおよそ600の児童養護施設を対象にヒーローキャラバン「ウルトラドリームプロジェクト」を実施し、日本中の子どもたちへ勇気と希望をお届けします。
子どもたちの成長こそ、社会の希望であり光です。日本中の子どもたちが、それぞれヒーローとなって自分自身の未来を、そして新たな時代を力強く切り拓き、成長していくこと願って、これからも活動を継続してまいります。

2017年4月
代表取締役社長

繁松 徹也