企業ビジョン・成長戦略(中期経営計画)

(Appendix)パチンコ・パチスロ事業プラットフォーム

3カ年のマーケットシナリオ

2017年7月11日、警察庁は、パチンコ出玉規制を含む、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則案」を公表し、2018年2月1日に施行される見通しです。
当社は、これらの規則改正などに鑑み、パチンコ・パチスロ市場の3カ年のマーケットについて、(表1)の通り予測しています。

(表1)パチンコ・パチスロ市場規模

※当社推計値

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
遊技機販売市場 8,600億円 7,821億円 7,317億円 6,881億円~7,956億円
PS総合市場 2.77兆円 2.72兆円 2.68兆円 2.64兆円~2.83兆円

遊技機販売市場とは、パチンコ・パチスロの新台販売における市場規模となります。
PS総合市場とは、ホールが投資するパチンコホールの遊技機購入費、マーケティング費、PR広告費など、経費の総計を表したものです。


(図1)パチンコ・パチスロ市場規模

遊技機販売市場

2016年度の遊技機販売市場は、約8,600億円と推計しています。(図1)2017年度と2018年度は引き続き、規則・規制の改正の最中にあると予測され、新台販売に関しては楽観視できない市場を予測しています。一方、2019年度には規則改正などの影響も落ち着き、エンタテインメント性の高い遊技機の誕生などによる市場の再活性化が期待されます。

PS総合市場

PS総合市場は、2.7兆円程度と推計しています。(図1)2016年度の遊技機販売市場と同様に、微減を予測していますが、市場に受け入れられる遊技機の誕生などにより、PS総合市場も回復が考えられます。

関連ページ