企業ビジョン・成長戦略(中期経営計画)

[IP×事業プラットフォーム]のマトリクスモデル

[2]事業プラットフォームからの視点

(1) バリューチェーン×マトリクスモデル

(図1)

(図1)「バリューチェーン×マトリクスモデル」

当社は、コミック、映像、ゲーム、パチンコ・パチスロなど、様々な事業プラットフォームに商品やサービスを展開しています。(図1)IPの特性に合わせた企画により、形を変えながらビジネスを展開できることが、当社の強みのひとつです。また、パチンコ・パチスロは、ユニークかつ大きな事業プラットフォームであり、これを十分に活かしながら、パートナー企業とともに利益拡大を目指していきます。

(2) 新規事業プラットフォームの創出

『ウルトラマンゼロ』の360度全周立体映像VRシアターシステム「4D王」への映像提供などからスタートした、VR(Virtual Reality=仮想現実)事業など新技術領域での事業プラットフォーム拡大を図ります。

  • VR
    (Virtual Reality=仮想現実)

    VR(Virtual Reality=仮想現実)
  • AI
    (Artificial Intelligence=人工知能)

    AI(Artificial Intelligence=人工知能)
  • MR
    (Mixed Reality=複合現実)

    MR(Mixed Reality=複合現実)
  • 5G
    (5th Generation=第5世代移動通信システム)

    5G(5th Generation=第5世代移動通信システム)

・・・and more.

(3) グローバル事業開発の推進

『ウルトラマン』をドアノックツールとしたグローバル事業開発

図:ウルトラマンゼロ
©円谷プロ

グローバル事業開発では、知名度の高い『ウルトラマン』をドアノックツールとして有効活用し、中国などの海外現地企業との提携を推進します。そして、当社が保有する複数のIPの海外展開を推進し、ライセンス収入拡大を目指します。また、東南アジアを中心にライブエンタテインメントの展開を推進します。

映像事業における米国や中国の配信企業との協働作品開発

図:SVOD

米国や中国の映像配信企業と協働作品を開発し、グローバル配信を推進します。また、IPライセンス事業を加速させていきます。さらに、映像ビジネスとしての拡大はもちろん、その映像作品をフックとして、アジアをはじめとするグローバルマーケットでのマーチャンダイジング展開も推進します。

ゲーム事業における海外ゲーム企業との連携

図:グローバルマップ

海外ゲーム企業と連携し、海外ゲームエンジンを活用したゲームコンテンツ開発などを推進します。また、ゲームコンテンツの海外展開や、海外ゲームコンテンツの国内展開を双方向で推進します。

関連ページ