企業ビジョン・成長戦略(中期経営計画)

3カ年中期経営計画

3カ年の市場認識

(1)パチンコ・パチスロ市場

背景

2014年9月型式試験方法の変更(以降遊技機に関する相次ぐ規制)
2016年12月「IR推進法※」公布
2017年7月風適法施行規則等の改正案発表
2020年7月~9月東京オリンピック・パラリンピック開催予定

最高に心地よいエンタテインメント空間となるために
パチンコ・パチスロ市場は、2016年12月のIR推進法や2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催などの影響もあり、パチンコ・パチスロに対する依存(のめり込み)防止を目的とした対策(規制)が引き続き講じられる見込みです。しかし、パチンコ・パチスロの射幸性を低下させ、エンタテインメント性を向上させるというテーマは、この短期に限らず、長期的な業界全体のテーマでもあります。もともと、地域社会に根付き、大衆娯楽として親しまれてきたパチンコ・パチスロが、地域社会にとって、最高に心地よいエンタテインメント空間になることを望まれている、変革のタイミングに差し掛かってきていると言えます。

※IR推進法
IRとは「Integrated Resort(統合型リゾート)」の頭文字をとったもの。カジノ、ホテル、エンタテインメント施設、国際会議場などが一体となった施設。この整備を推進する法案として、2016年12月、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(IR推進法)が成立

(2)エンタテインメント市場

背景

アジア以西の地域の人口増による子ども向け市場の拡大
グローバル企業のアジアシフト
消費者の「経験価値」重視傾向の高まり
VR(Virtual Reality=仮想現実)やAR(Augmented Reality=拡張現実)など、“リアル”の新しい形が拡大
・実物の商品所有から、データ上で商品・サービスを消費するスタイルに変化

世界市場は順調に拡大
エンタテインメント市場は、技術革新による新たな商品やサービスの登場、消費スタイルの変化など進化の最中にあります。出版市場では、紙媒体が減少する一方、電子書籍市場の成長が加速しています。ゲーム市場では、国内は緩やかながらも拡大を続け、グローバルにおいても引き続き拡大傾向にあります。映画市場では、2011年以降、堅調に拡大が続いています。ライブ市場では、近年2.5次元ミュージカル※など新しい取り組みが市場拡大を牽引しています。

※2.5次元ミュージカル
2次元のマンガ・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツの総称

関連ページ