企業ビジョン・成長戦略(中期経営計画)

事業バリューチェーンの再構築

事業バリューチェーンの再構築

当社の事業バリューチェーンと注力ポイント

(図1)の通り、当社の事業バリューチェーンは、「未来研究」から始まる全10のプロセスから成り立っています。昨今の業績低迷の要因は、このプロセスの一部に機能不全が生じていたことであると当社では認識しています。中期経営計画を推進し、持続的な成長を実現するためにも、以下(A)~(D)の4つのポイントに注力し、事業バリューチェーンを再構築していきます。

(図1)当社の事業バリューチェーンと4つの注力ポイント

(図1)当社の事業バリューチェーンと4つの注力ポイント

事業バリューチェーン再構築に向けた4つの注力ポイント

(A) 「すべてのプロセスでの市場・顧客密着の徹底」

市場と顧客を十分に理解し、すべてのプロセスにおいて、その密着の徹底を図ります。

(B) 「企画力の再強化に向けた組織的な取り組み」

10のプロセスの中でもコアとなる「企画」に注力し、「IP調達」と連動した「IP企画」を練り上げます。「未来研究」や「市場・顧客分析」に基づき、市場トレンド、顧客ニーズに合致する「企画」立案に向け、組織的な取り組みを推進します。

(C) 「商品の理想を追求するプロデュース力の組織的向上」

練り上げた「企画」に基づく商品化を実現するため、「IP調達」「編成」「開発・商品化」「マーケティング・プロモーション」「営業」に至るプロセスを一気通貫で推進できる「プロデュース力」を組織的に向上していきます。

(D) 「パートナーシップのさらなる強化」

(B)(C)で述べた「企画」から「プロデュース」までの各プロセスにおいて、有識者や有力パートナーとのリレーションを強化します。クリエイティブなど、外部からの様々な知見を注入することにより、各プロセスにおける質の向上を目指します。

関連ページ