企業ビジョン・成長戦略

「成長するビジネスモデル」の推進

トップインタビュー

Q1: 「成長するビジネスモデル」とは?

A1:幅広いエンタテインメント領域での進化の過程を整理し、現在当社グループが推進する形(戦略)として発表したものです。

詳細を表示する

Q2: メディアに適した優良IP(知的財産)の枯渇がこのモデルを発表したきっかけとなったのか?

A2:優良IPの枯渇化も一つではありますが、IPを創出し育成する基盤の整理が進み、今、当社がすべきことを決意表明するときと考えたことがきっかけです。

詳細を表示する

Q3: コンテンツ産業全般には大きな期待が持てるが、成功するのは非常に難しいのでは?

A3:当社は、一つのメディアの浮沈に影響されづらい、かつパチンコ・パチスロで安定的な収益を上げることのできる独自のビジネス構造で、成功の確度を高めていこうと考えています。

詳細を表示する

Q4: 一方で既存のコンテンツ市場は飽和状態で、大きな成長機会がないのでは?

A4:成長している分野に重点的に注力するなど、展開すべきメディアを見極めることで成長の機会をつかみます。

詳細を表示する

Q5: ヒットコンテンツが成功の鍵になるが、そもそも生み出せるのか?

A5:「成長するビジネスモデル」でIPを循環させ、その過程でIPの価値を高めていくことで、ヒットする商品やサービスを生み出す確率を高めます。

詳細を表示する

Q6: このモデルはどのような体制で推進していくのか?

A6:コミックス、アニメーション、映画/テレビ、マーチャンダイジングの各領域で、部門間の連携や様々なパートナーとの協力のもとに推進していきます。

詳細を表示する

Q7: どのように成果を積み上げ、収益の最大化を図るのか?

A7:戦略的にIPの価値を高める視点から複数のIPを「成長するビジネスモデル」で循環させることで、収益の最大化を目指します。

詳細を表示する

Q8: インタラクティブメディア、コンシューマプロダクツで収益を最大化できるのか?

A8:展開するすべてのメディアがIPの創出やプロモーションの役割を果たすことのできる方法を探り、主軸であるIPを育成することで収益の最大化につなげていきます。

詳細を表示する

Q9: メジャーIPを育成するクロスメディアとは?

A9:IPの「広がり」と「深さ」のバランスやタイミングをコントロールし、IPが最も輝く方法で展開することです。

詳細を表示する

Q10: 事業セグメントをどう考えているのか?

A10:4つのセグメントを発展的に統合し、IPを基軸とした単一セグメントに変更しています。

詳細を表示する

Q11: 株主・投資家の皆様に対してメッセージをお願いします。

A11:このモデルは次のステップへの通過点であり、常に私たちは進化しています。今後のビジネスモデルの進化、そして私たちの成長にご期待ください。
今後、当社グループの育成するIPが様々なメディアで存在感を発揮し、たくさんの人々に感動と喜びを提供していきます。ぜひともご期待ください。

詳細を表示する

関連ページ