THEME01

営業時代経験みに、
全国営業サポートに

就職活動では、自分の力で何かを実際に動かしていく仕事に興味があり、営業や企画といった職種を志望。業界は絞らず、商社から電力会社、食品メーカーまで幅広く見ていく中で、当社の存在を知りました。最初の認識は、「ベンチャー企業の要素を兼ね備えた上場企業」。アミューズメント業界の専門商社としての確固たる事業基盤を持ちながら、IP(知的財産権)を活用した漫画やアニメ、ゲームといったさまざまな新規ビジネスに挑戦している面白い会社だと感じました。選考中に出会う社員の方々から一様に、「未来に向けて、何か新しいものを創造していきたい」という気概が強く感じられたことも、入社意欲に大きく影響しました。正直これまでの進路選択では、ある程度、将来の予測の立つ道ばかりを選んでいました。そこで就職では「今までの人生とは異なる選択をし、未知の経験を積むのもいいかもしれない」と思ったのです。ただ、この会社に入るまでパチンコもパチスロも一度もやったことがなく、その点は少し不安でした。しかし、知識に関しては入社後しっかり学ぶことができましたし、何よりコアなプレーヤーでは気づかない新鮮な視点を持っていることは、自身の強みとなりました。
入社後の最初の配属は名古屋支店。ここで2年間、営業としてお客様であるホールのこと、業界のことを一から学びました。その後、東京本社の営業管理部に異動し、営業の支援業務を担当。それぞれの地域の課題と向き合いながら、市場に関する情報や分析データに基づいた営業戦略を構築し、全国の営業が活用するツール作成を担当しました。ここでは名古屋時代の営業経験も大きな武器に。現場の状況や営業の心理を理解した上で、本当に喜ばれる営業支援を目指しました。

THEME02

“ホール”という価値ある資源かし、新規ビジネスを

営業管理部が現場を動かす“戦術”を立てる部署だとすると、現在、私の所属するPS事業戦略室は、当社の基幹事業であるアミューズメント事業そのものの進むべき方向を考える“戦略”を立案する部署。これまでよりも、さらにもう一段高い視点で仕事と向き合う力が要求されます。人々の余暇の過ごし方や考え方の変化、業界を取り巻く法律や社会の変化などに対応し、既存事業の見直しや新規事業の立ち上げなどを展開しています。たとえば、日本全国のホール様に対して遊技機の販売や店内のプロデュースを行うだけでなく、敷地内の土地を活用してコンビニエンスストアを誘致したり、ホールの節電につながるシステムの導入を提案したり。ホール様の利益となるあらゆる可能性を模索し、当社の新たなビジネスとしてコーディネートする仕事です。駅前や幹線道路沿いといった好立地にあり、幅広い世代の集客も可能な“ホール”という場所は、とても価値のある資源です。しかし、ホール単体で新しいことにチャレンジするには限界があります。そこで、私たちのような多種多様な情報を持ち、他業界との橋渡しができる専門商社の働きが重要になってくるのです。とくに現在は、今後の運営に危機感を抱くホール様も増えており、私たちからの新しい提案を望む声も少なくありません。こうしたホール様に対してより良い提案を行い、経営体力をつけていただくことができれば、日本全国のホール様と一緒にさらなる新しいチャレンジが可能になります。遊技機をより面白く、ホールをより楽しい空間にすることで、もっと老若男女が集まる場所にすることだってできるはずです。そうすれば「すべての人に最高の余暇を」という理念の実現に、一歩近づくと信じています。現在の私の業務はそのためのデータ収集や分析が中心です。新規事業の立ち上げから参加し、社内外、業界内外のさまざまな人たちとともに新しいビジネスが組み上がっていくプロセスに携わることは、仕事の大きな醍醐味ですね。

THEME03

世界初のマーケティングへの
挑戦により、業界をリードする

遊技機やホールに関する膨大なデータやノウハウを保有する当社では、世の中でまだ誰も挑戦したことのないようなデータ分析やマーケティングを行うチャンスがあります。私自身の今後の目標も、アミューズメント業界に強い分析者、マーケターとしてのポジションを確立すること。そのために、これまで以上に現場が求めるニーズを知ると同時に、AIやビッグデータ時代の新しいマーケティング手法に関する知識も身につけたいと考えています。また、当社は熱意と実力があれば、若手であったとしても大きな仕事に参加できる会社です。基盤事業で得た収益を投資し、ベンチャー企業のようなスピード感で次々と新規事業への挑戦を積極的に行っているため、幅広い事業領域で活躍することもできます。楽しいことを考えることや企画が好きな人にとっては、きっと、面白い会社だと思いますし、他社では味わえないやりがいがあることも魅力です。ぜひ、一緒に最高の余暇を創造していきましょう。

OTHER STAFF