Iメーカーではなく、商社

フィールズではパチンコホールに対して、コンテンツを活かしたパチンコ・スロット(遊技機)の企画開発及び販売を行っています。しかし、ただ単に遊技機を販売することが私たちの仕事ではありません。パチンコホールを回り、市場動向やトレンドなどをお届けしながら現場の声をキャッチ。それを現場の意見や最新ニーズとしてメーカーに共有します。フィールズだからこそ持ち得る知見と情報ネットワークを駆使し、世のニーズに対して最適解を導き出す。それが私たちの仕事です。

II流通商社としての役目

フィールズは全国のパチンコホールとメーカーをつなぐ業界随一の全国商社。さまざまなメーカーの商品を扱う一方でパチンコホールのよき経営パートナーとなり、商社という独自のポジションから業界を発展させることが私たちフィールズの役目です。

III最高余暇日本全国

現在、日本には約10,000店舗のパチンコホールが存在。フィールズは全国に満遍なく広がるホールを“最高の余暇”が体感できる場所になるよう、日々努⼒に励んでいます。すべての人にとって身近にわくわくできるような場所をたくさん作ることが、フィールズの使命です。

IVそのとなるのが、営業職

日々パチンコホールを回り、現場の課題や要望などをリサーチし、店頭ごとに最適な提案をしていくのが営業職です。日本全国に存在するパチンコホールは、そのエリアの特性や年齢層、規模などにより、特色はさまざま。一つの店舗での”正解”が、他の店舗では通用しないことも多々あります。だからこそ、営業が得た情報や知識、経験をパチンコホールだけでなく、社内でもシェアし、膨大なデータとして活用。生きた情報が営業一人ひとりのフィールドを動かす原動力になっているのです。

営業をバックアップするための強⼒なツール

  1. ホールカルテ
    全パチンコホールのあらゆるデータを管理。ビックデータを用いたニーズに応えた提案をおこなう。
  2. 商圏分析ツール
    日本全土の人口分析や地域特性を細部まで把握。全国どこにいてもあらゆる情報提供ができる。
  3. ぱちんこパチスロ
    情報ステーション
    オフィスにいながらショールーム体験。映像を駆使した情報発信ツールで全パチンコホールの情報収集がワンストップに。

V挑戦未来

私たちは人々に「最高の余暇」を提供するため、常に挑戦を続けています。中には、パチンコホールに対してあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。しかし、私たちは、パチンコホールという「場所」を通して、かけがえのない価値を地域に提供したいと考えています。そのために、パチンコホール全体をプロデュース。たとえば、ホールにコンビニを誘致し、夜間でも安全に通⾏できるようにしたり、敷地内に緑あふれる遊歩道を設置し、憩いのスペースにしたり。そんなプロデュースを展開することで、地域に愛される場所作りを目指しています。私たちの挑戦が、新しい余暇のあり方を、余暇の未来を創っていく。そのために⼀生懸命になれる若いエネルギーを、私たちは求めています。