フィールズについて

ごあいさつ

代表取締役社長 グループ最高経営責任者 山本 英俊

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご支援・ご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社グループは、創業以来「すべての人に最高の余暇を」という企業理念のもと、幾多の困難や経営課題に対して、強い信念をもって邁進してまいりました。お陰様で、経営体質も強固となった今、当社グループは2022年5月に3カ年中期経営計画を新たに策定・発表し、企業価値の最大化に向けた取り組みを進めております。

「成長力」の中核を担う円谷プロダクションを中心としたコンテンツ&デジタル事業では、Netflixでグローバル配信中の『ULTRAMAN』や全国上映の映画『シン・ウルトラマン』等が好評を博し、ウルトラマンIPのさらなる認知獲得とファン層の拡大が期待されております。このような中、国内はもとより海外でのマーチャンダイジング(MD)を積極的に推進しており、とくに中国ビジネスの伸長が目覚ましい成果を挙げているところです。
今後は、『ウルトラマン』IPをグローバル・ブランドへと戦略的に強化するべく、新たに北米のMDライセンス市場の開拓と基盤構築に注力してまいります。さらに、円谷プロダクションとデジタル・フロンティアが有するIP、CG・デジタル技術等を融合させ、メタバース市場等を見据えたデジタル領域事業を本格化させてまいります。

遊技機業界では、いよいよ新市場がスタートし、業界全体も冬から春へ向かおうとしています。このような中、「収益力」を担うフィールズのPS事業では、パチンコホールやファンの皆さまにご満足いただける遊技機を安定的に供給するとともに、販売台数の最大化に向けたラインアップを準備してまいります。また、遊技機業界をサポートする様々なデジタルコミュニケーション事業を拡充してまいります。

これらの取り組みを強力に推進するために、当社は2022年10月3日付でホールディングス体制へと移行し、「円谷フィールズホールディングス株式会社」として、さらなる成長の道を進んでまいる所存です。

今後も当社は、「すべての人に最高の余暇を」という企業理念に基づき、世の中に感動や興奮をもたらす優れたエンタテインメントを創造し、社会全体の幸せに寄与する企業を目指してまいります。皆様からのご期待に応えるべくグループを挙げて精進してまいりますので、引き続き倍旧のご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2022年6月

山本英俊


山本英俊
代表取締役社長 グループ最高経営責任者 山本英俊
(第34回定時株主総会)