CSRへの取り組み

CSR活動の主な取り組み・2016年

活動実績

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年5月
      [グループCSR]東京都内病院の小児病棟を訪問いたしました。
    東京都内病院の小児病棟を訪問いたしました。 東京都内病院の小児病棟を訪問いたしました。 東京都内病院の小児病棟を訪問いたしました。 ©円谷プロ

    ウルトラマン基金の活動の一環として、2016年5月25日(水)にウルトラマンエックスと共に東京女子医科大学病院 小児病棟を訪問いたしました。

    院内にあるキッズルームでは、エックスの似顔絵が描かれた旗で歓迎してくれた子どもたちと一緒にウルトラマン体操を行い、病室のお見舞いでは子供たち一人一人にエネルギーをお届けしました。

    今後もウルトラマン基金では、子どもたちの未来のための活動を実施してまいります。

    ※「ウルトラマン基金」の最新活動の詳細につきましては、下記の「ウルトラマン基金公式サイト」をご覧下さい。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年5月
      [グループCSR]熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。
    熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。
    熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。
    熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 熊本県内の幼稚園、保育園、小学校、市役所、県庁を訪問いたしました。 ©円谷プロ

    ウルトラマン基金の活動の一環として、2016年5月21日(土)~23日(月)に、平成28年熊本地震に見舞われた熊本県の子どもたちへの支援訪問のため、ウルトラマンエックス、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンゼロとともに、熊本市の小学校および市役所、阿蘇郡南阿蘇村の保育園および同村立野地区の避難所(大津町・本田技研熊本工場体育館)内仮設保育所、そして熊本市内の幼稚園と熊本県庁を訪問いたしました。

    本イベントには、現地の子どもたちへ元気を届けたいという想いをともにする、俳優の杉浦太陽さん(『ウルトラマンコスモス』春野ムサシ隊員)と、高橋健介さん(『ウルトラマンX』大空大地隊員)にもご参加いただきました。

    21日(土)には、一新小学校、大江小学校にて、それぞれ数百名におよぶ子どもたちに向けて、ウルトラヒーローによるヒーローショーを実施しました。また、熊本市役所では、大西一史熊本市長にウルトラマン基金運営委員会の繁松運営委員長から活動の報告を行うとともに、被災された子どもたちに役立てていただけるよう、ウルトラマン基金から市に義援金を贈呈しました。

    22日(日)には、ちょうよう保育園にて、近隣の白水保育所、久木野保育所の子どもたちも交えてウルトラヒーローによるヒーローショーを実施しました。また、本田技研熊本工場体育館内にある仮設保育所では、ウルトラマン体操やポーズを決めての記念撮影やお菓子の配布を行いました。

    23日(月)には、力合幼稚園にて、ウルトラマン体操やポーズを決めての記念撮影や、お菓子の配布を行いました。また、熊本県庁では、蒲島郁夫熊本県知事に株式会社円谷プロダクションの大岡新一社長が活動の報告を行うとともに、被災された子どもたちに役立てていただけるよう、ウルトラマン基金から県への義援金を贈呈しました。

    今後もウルトラマン基金では、子どもたちの未来のための活動を実施してまいります。

    ※「ウルトラマン基金」の最新活動の詳細につきましては、下記の「ウルトラマン基金公式サイト」をご覧下さい。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年4月
      余剰衣類の回収を実施しています。
    余剰衣類の回収を実施しています。 余剰衣類の回収を実施しています。 余剰衣類の回収を実施しています。

    当社では、余剰となっている衣類を回収し、特定非営利活動法人 洋服ポストネットワーク協議会に寄付する活動を実施いたしました。

    同団体は、「使用されていない衣類を、マレーシアやパキスタン、バングラデシュなどの海外の古着マーケットで販売し、ふたたびその衣類を必要とする人のもとに届け、さらには集まった衣類の重量に応じた金額を、環境保全や社会貢献などを推進する団体に寄付することで社会に貢献する」ことを活動理念の一つに掲げています。
    今後も、同団体をはじめ環境保全や社会貢献などを推進する団体への協力を、継続的に実施してまいります。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年3月
      渋谷地区美化推進委員会が主催する「渋谷駅前統一美化デー」に参加いたしました。
    渋谷地区美化推進委員会が主催する「渋谷駅前統一美化デー」に参加いたしました。 渋谷地区美化推進委員会が主催する「渋谷駅前統一美化デー」に参加いたしました。 渋谷地区美化推進委員会が主催する「渋谷駅前統一美化デー」に参加いたしました。

    当社では、2016年3月1日(火)に本社所在地である東京都渋谷区が主催する「渋谷駅前統一美化デー」に、参加いたしました。
    2010年から継続的に参加を続け、今回は12名にて、主に渋谷駅周辺をはじめとする重点地区の清掃活動を実施いたしました。

    今後も当社グループでは、地域社会貢献・環境保護につながる、さまざまな活動を継続的に実施してまいります。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年2月
      『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』が警視庁生活安全部とコラボレーションいたしました。
    『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』が警視庁生活安全部とコラボレーションいたしました。 ©創通・フィールズ・フライングドッグ/ACTIVERAID PARTNERS

    当社および株式会社創通、株式会社フライングドッグが原作のアニメ『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』と警視庁生活安全部がコラボレーションし、万引き防止を呼びかけるポスターが都内各所に掲示されました。
    警視庁では公式サイトを通じて「万引きをしない、させない、見逃さない」をスローガンに、「社会・地域の絆づくり」と「規範意識の向上」に向けた対策を推進しており、このたび同キャラクターを用いた啓発ポスター約4,000枚が都内の警察署98か所や公共施設などで掲載されるほか、リーフレット約1万部が配布されました。
    また、万引き防止コラボムービーも制作され、警視署管轄の都内42か所の街頭サイネージ(新宿Alta vision等)を用いて都民に広くアピールされました。
    当社グループでは、今後も事業活動を通じ、地域社会貢献・環境保護につながる、さまざまな活動に取り組んでまいります。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年2月
      「ペットボトルキャップ」と「使用済み切手」の回収を実施しています。
    「ペットボトルキャップ」と「使用済み切手」の回収を実施しています。 「ペットボトルキャップ」と「使用済み切手」の回収を実施しています。

    当社グループでは、以前よりボランティア意識の高い社員たちが草の根的に実施していた「ペットボトルキャップ」の回収と「使用済み切手」の回収活動を、より大きな輪として広げるため、2013年6月より全社的に取りまとめを実施しています。
    2013年6月から2016年2月までに回収したペットボトルキャップは約373,000個(ポリオワクチン換算534名分)、使用済み切手は3.1kgとなりました。
    それぞれNPO法人を通じて、国際的な医療支援(ワクチン寄贈)、生活改善支援や教育支援に役立てられています。

    今後も当社では、地域社会貢献・環境保護につながる、さまざまな活動を継続的に実施してまいります。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年2月
      児童養護施設3ヶ所に『おしゃべりポンプ』を寄贈いたしました。
    児童養護施設3ヶ所に『おしゃべりポンプ』を寄贈いたしました。 児童養護施設3ヶ所に『おしゃべりポンプ』を寄贈いたしました。

    当社にて展開中のキャラクター商品、子どものしつけと手洗いの習慣化を応援するキャラクター音声付ボトル『おしゃべりポンプ』を、児童養護施設の子どもたちのために役立ててほしいとの趣旨で、本社を置く渋谷区内の児童養護施設3ヶ所に、各24個ずつ(ウルトラマンX 1ダース(12個)とマイメロディ 1ダース(12個))を寄贈いたしました。

    今後も当社では、子どもたちの日常を応援する社会貢献活動を継続的に実施してまいります。

    • 環境・
      社会貢献活動
      2016年2月
      余剰文具の回収、寄付を実施しています。
    余剰文具の回収、寄付を実施しています。 余剰文具の回収、寄付を実施しています。

    当社では、2016年3月24日(木)に社内の余剰文具658点を回収し、一般財団法人NGO時遊人を通じてベトナムやカンボジアの子どもたちに寄付する活動を実施いたしました。

    同団体は、「一時的援助ではなく、継続的支援による長期的な改革によって、教育支援による識字率アップ、学力の向上など、将来的に考えられる貧困要素の抜本的改革につながる支援を中心に行っていく」ことを活動理念の一つに掲げています。
    当社でもこの活動が、現地の子どもたちへの教育支援の一端になることを願い、大きくは貧困による教育格差の問題の解消が、子どもたちの未来に明るい一筋の光を射すものと信じて、今後も継続的に取り組んでまいります。